July 16, 2018 / 11:46 PM / a month ago

個人主体の材料株物色なども復活してくるか


*08:41JST 個人主体の材料株物色なども復活してくるか
 17日の日本株市場は底堅さが意識される相場展開になりそうだ。16日の米国市場ではNYダウが44ドル高と小幅に上昇。6月小売売上高が予想に一致したほか、大手行のバンク・オブ・アメリカ(BAC)の決算内容が好感され、金融関連株を中心に買いが先行した。しかし、トランプ大統領とロシアのプーチン大統領の会談で原油価格の上昇抑制に向けた協議が予想され、原油安を受けてもみ合う展開となった。シカゴ日経225先物清算値は大阪比60円安の22540円。円相場は1ドル112円20銭台で推移している。

 注目された米ロ首脳会談では、両首脳は対話を通じて関係改善を目指すことで一致。核軍縮やシリア内戦などでも協力するとしたが、実現させるための具体策は示さなかった。もっとも、大きな転換を期待する流れはなく、演出の一環との見方から材料視する流れにはならないだろう。引き続き米中貿易摩擦への影響を警戒しつつも、需給不安が和らぐ中で、足元のリバウンド持続が意識されそうだ。

 先週は日経平均への寄与度が高いソフトバンクG9984に米著名ファンドによる株式取得、ファーストリテイリング9983は好調な決算がそれぞれ株高につながったことも先物主導の需給関係においては、売り方を躊躇させ、買い方に有利な材料として働いた。ディフェンシブ系から景気敏感セクターへのリバランスを促す流れにも向かわせており、リバランス中心ながらも結果的には日経平均の下値切り上げにつながっている。

 一方でインデックス主導の売買については、反対の値動きも速いことは意識しておきたいところ。出来高は12億株台と依然として低水準であり、今週の投資主体売買動向で、海外勢の動向に変化がみられているかを見極めたいところであろう。また、インデックス主導のため、中小型については勢いが鈍る銘柄が多く散見されている。個人の需給動向は悪化傾向であるが、今後、日経平均の1月高値期日が通過してくるため、個人主体の材料株物色なども復活してくるかが注目されてきそうだ。需給改善を意識した押し目拾いのスタンスとなろう。
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below