July 18, 2018 / 12:03 AM / 5 months ago

輸出関連や金融セクターの出遅れ修正も意識


*08:56JST 輸出関連や金融セクターの出遅れ修正も意識
 18日の日本株市場は日経平均主導の底堅い相場展開になりそうだ。17日の米国市場はNYダウ、ナスダックともに上昇。ネットフリックスの決算が予想を下振れ、ハイテク株を中心に大きく下落して寄り付いたものの、その後は切り返す展開となっている。また、ハイテク株を中心に大きく下落して寄り付いたものの、その後は買い戻しが優勢となった。議会証言でパウエルFRB議長が米景気の堅調さを強調し、緩やかな利上げ継続を支持したことも好感された。シカゴ日経225先物清算値は大阪比125円高の22845円だった。円相場は1ドル112円90銭台と113円台が意識されている。

 これらを背景に225型のインデックス買いを中心に日経平均の底堅さが意識されることになりそうだ。指数インパクトの大きいソフトバンクG9984、ファナック6954、ソニー6758、ファーストリテ9983、エーザイ4523、TDK6762辺りが日経平均を押し上げる格好になりそうだ。また、原油先物相場が小幅ながらも上昇していることもあり、資源関連の底堅さも意識されよう。その他、昨日は225型がけん引したものの、TOPIXはようやく25日線を突破してきている。円安を背景とした自動車などの輸出関連や金融セクターの出遅れ修正も意識されてくる可能性がある。

 一方で、インデックス主導のため個人主体の中小型株には需給懸念がくすぶる。決算等、個別で物色されるものの資金の逃げ足も速く、依然として方向感が掴みづらい面はある。今後本格化する決算を控えるなか、やや神経質な相場展開が続きそうである。とはいえ、1月高値期日が今後通過してくるため、調整局面ではアク抜けにつながる可能性もある。スタンスとしては、過度に売り込まれている銘柄などに対する押し目拾いとみておきたいところである。
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below