August 2, 2018 / 11:52 PM / 14 days ago

好業績銘柄は冷静に下値を拾うスタンス


*08:49JST 好業績銘柄は冷静に下値を拾うスタンス
 3日の日本株市場は自律反発が意識されるが、足元のもち合いレンジでのこう着感が強まりそうである。2日の米国市場では、米中貿易摩擦への警戒感から上値の重さが意識されたが、アップルの決算評価が続いており、FANG銘柄などハイテク株が下支えする格好となった。シカゴ日経225先物清算値は大阪比65円高の22575円。円相場は1ドル111円60銭台で推移している。

 引き続きアップルの決算評価の流れが続いており、ハイテク株等には支援材料になりそうである。ただし、日経平均は25日線を支持線としたもち合いレンジ内での推移であり、決算発表がピークを迎えている中では自律反発の域は脱せないだろう。昨日の下げの一因となった「トランプ政権が中国からの輸入品2000億ドル相当への関税率引き上げを検討」に関しては、米中間選挙までは駆け引き等が続くとみられ、引き続き一喜一憂する状況が続きそうである。

 日銀は昨日、毎月のオペ運営計画で予定していなかった長期国債の買い入れを通知した。足元での長期金利上昇に対応した格好だが、これまで通常の買い入れが予定外で実施されたことはなかっただけに、金利上昇を手掛かりとした金融株物色もやや手掛けづらくさせていた。もっとも、三菱UFJ8306の決算内容はコンセンサスを上回っており、押し目買い意欲は強いだろう。引き続き日銀の動きを睨みながらの相場展開といったところか。

 米中貿易摩擦といった外部環境に振らされやすい需給状況の中では、好決算銘柄に対する物色もやや神経質にさせてくる。決算の反応が限られてくるようだと、次第に模様眺めムードが広がりやすくなりそうである。それ故にイレギュラー的な価格形成にもなりやすく、好業績銘柄は冷静に下値を拾うスタンスとなりそうである。
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below