August 5, 2018 / 11:48 PM / 2 months ago

米中貿易摩擦警戒も下値の堅さが意識される


*08:39JST 米中貿易摩擦警戒も下値の堅さが意識される
 6日の日本株市場は、米雇用統計で失業率が低下を好感した流れを引き継ぐ格好から、やや買い優勢のスタートになりそうである。シカゴ日経225先物清算値は大阪比45円高の22555円となり、まずはこれにサヤ寄せする展開が意識される。ただし、中国政府が米国からの輸入品600億ドル相当への追加関税案を発表し、米中貿易摩擦への先行き懸念が広がるなか、買い一巡後は神経質な相場展開を余儀なくされそうだ。

 決算ピークとなるなか、今週は1400社を超える企業の決算発表が予定されている。先週末のトヨタ7203決算はコンセンサスを上回り、一時強含みとなったことで安心感につながるものの、その後のトヨタの弱い値動きが相場全体のセンチメントを冷ます格好にもなった。本日は取引終了後にソフトバンクG9984が予定されているが、指数インパクトが大きいだけに、思惑的な売買なども集まりそうである。

 日経平均は足元でもち合いレンジでの推移が続いている。米中貿易摩擦への警戒感やピークを迎える決算を見極めたいとするムードもあり、積極的なポジションは取りづらく、引き続きこう着といったところであろう。米中間選挙までは駆け引き等が続くとみられ、米中貿易摩擦に関しては引き続き一喜一憂する状況が続きそうである。また、サマーシーズンから参加者も積極的な売買は手控えてくる可能性もある。明確な方向感が出難い需給状況でもあり、決算を手掛かりとした短期筋の値幅取り狙いの商いが中心になりやすいだろう。

 なお、米中貿易摩擦が重荷となり、中国株が下げ止まらないなか、日中の時価総額が逆転したと伝えられている。中国株は2015年3月に日本株の時価総額を抜き、ピーク時には日本株の1.7倍に膨らんだと報じている。日中の時価総額逆転により、アジアを対象としたファンドによる日本株シフトが強まる可能性がある。不安定な相場展開ではあるが、相対的に下値の堅さが意識されよう。
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below