August 7, 2018 / 11:51 PM / 13 days ago

日経平均はもち合い継続、マザーズのボトム形成を見極め


*08:47JST 日経平均はもち合い継続、マザーズのボトム形成を見極め
 8日の日本株市場は、買い先行後はこう着感の強い相場展開が続きそうである。7日の米国市場では、米中貿易摩擦への懸念が後退したほか、原油相場の上昇や長期金利の上昇が好感され、終日堅調推移となった。この流れを受けてシカゴ日経225先物清算値は大阪比45円高の22675円だった。円相場は1ドル111円30銭台で推移している。

 シカゴ先物にサヤ寄せする格好から、やや買い先行の展開となろう。S&P500種指数では各種金融や半導体製造装置の上昇が目立っており、東エレク8035等への波及効果が意識されるところ。また、決算関連ではニコン7731、ダイキン6367、NTT9432辺りが注目されよう。一方で、前日に決算評価で終日強含みだったソフトバンクG9984は、1万円乗せで一先ず一服といったところか。

 昨日はソフトバンクGに関心が集まる格好となり、短期筋の値幅取り狙いの資金も誘った格好のようである。マザーズ指数は1000Pt割れ目前で踏ん張りをみせており、ダブルボトム形成が意識されるものの、東証2部指数、JASDAQ平均はマイナス圏での推移であり、個人主体の需給状況は思わしくない。まずは、マザーズ指数のボトム形成を見極めたいところである。

 また、決算がピークを迎えるなかで、決算内容が失望された銘柄に対しては容赦ない売りが浴びせられているが、決算評価から個別に物色されている動きもみられている。決算がピークを迎えるなかで物色対象が絞り込みづらいところではあるが、決算を見極めての冷静な対応が必要であろう。
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below