August 8, 2018 / 11:33 PM / 11 days ago

決算を手掛かりに好需給銘柄等に短期筋の資金が集中


*08:26JST 決算を手掛かりに好需給銘柄等に短期筋の資金が集中
 9日の日本株市場は、引き続きこう着感の強い相場展開になりそうである。8日の米国市場はまちまちの展開だった。トランプ政権が中国からの輸入品160億ドル相当への追加関税を23日に発動することを発表。中国政府も同規模の報復措置を決定するなど、貿易摩擦問題の長期化懸念から終日上値の重い展開となった。シカゴ日経225先物清算値は大阪比60円安の22570円。円相場は1ドル110円90銭台と円高に振れて推移している。また、原油先物相場は2ドル強の下落となり、資源関連への重石になりそうだ。

 米中間選挙までは駆け引き等が続くとみられ、米中貿易摩擦に関しては引き続き一喜一憂する状況が続きそうである。また、サマーシーズンから参加者も積極的な売買は手控えてくる可能性もある。米中貿易摩擦への過剰な反応は限られそうだが、中国・上海市場の動向には神経質になると考えられる。上海指数とマザーズ指数との連動性が一部で話題となっており、上海指数の動向が個人のセンチメントを揺るがす展開も意識させよう。

 とはいえ、米中貿易摩擦が重荷となり、中国株が下げ止まらないなか、先週末には日中の時価総額が逆転した。中国株は2015年3月に日本株の時価総額を抜き、ピーク時には日本株の1.7倍に膨らんでいた。日中の時価総額逆転により、アジアを対象としたファンドによる日本株シフトが強まる可能性がある。不安定な相場展開ではあるが、相対的に下値の堅さが意識されよう。

 物色はインデックスに絡んだ商いの他、決算を手掛かりとした個別物色が中心であろう。ただ、予想を上回る決算としても、需給状況から利食いのきっかけになる局面が散見されてきている。決算内容、その後の株価動向を見極めながらの手掛けづらさが意識されるなか、流動性が高く、好需給銘柄等に短期筋の資金が集中しやすいだろう。

 足元ではソフトバンクG9984の堅調な展開が個人のセンチメントを明るくさせ、マザーズ指数は続伸。低迷しているマザーズ銘柄にも関心が集まる展開に期待したいところである。その他、決算に絡んだところでは、昭電工4004、SUMCO3436、スシローGHD3563、GMOクラウド3788、T&Gニーズ4331、ハーモニック6324、安田倉庫9324などに注目。また、経営支援が報じられているパイオニア6773にも関心が集まろう。
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below