August 19, 2018 / 11:42 PM / a month ago

こう着も売り込みにくさが再認識されるところ


*08:36JST こう着も売り込みにくさが再認識されるところ
 20日の日本株市場は、こう着ながらも底堅さが意識される相場展開となろう。17日の米国市場は、半導体・半導体製造装置の一角が冴えなかったが、貿易摩擦の緩和に向けた米中両国による協議再開が好感された。NYダウは100ドルを超える上昇で、直近戻り高値をクリアしている。シカゴ日経225先物清算値は大阪比変わらずの22260円。円相場は1ドル110円50銭台で推移している。

 米株高の流れを受けて、やや買い先行の展開になりそうだ。外部環境の不透明要因には変わりがないものの、先週のトルコリラ・ショックによる日経平均の下落幅を短期で取り戻した心理的効果は大きく、売り込みにくさが再認識されるところでもある。

 また、中国商務次官の今月下旬の訪米を控えるなかでの、対中追加関税(約2000億ドル分25%関税)の公聴会と、パウエルFRB議長が講演するジャクソンホール会議という2大イベントが材料となりそうだ。イベント通過後のアク抜けも意識されやすく、ショートカバーも入りやすいと考えられる。

 もっとも、米国と中国は通商対立の解消に向け、行程表を策定しており、各国首脳が出席する11月の会合の場で、トランプ米大統領と中国の習近平国家主席による首脳会談を設け、最終決着を目指す青写真を描いていると一部報じられている。米中間選挙通過までは大きな進展は期待しづらく、こう着相場が長期化する可能性も意識されるところである。

 その他、マザーズ指数は先週、950Pt割れから一先ず反発をみせているが、個人の需給悪化への懸念は払しょくされておらず、インデックスに絡んだ売買に振らされやすい需給状況は続きそうである。
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below