August 29, 2018 / 11:59 PM / 2 months ago

再び23000円を窺う相場展開


*08:52JST 再び23000円を窺う相場展開
 30日の日本株市場は、商いは膨らみづらい状況ながらも、米株高の流れを引き継ぐ格好から、日経平均は再び23000円を窺う相場展開になりそうだ。29日の米国市場では米中貿易戦争への警戒感が和らいだほか、4-6月期GDP改定値が予想を上振れたことが材料視され主要指数は揃って上昇。S&P500及びナスダック総合指数は最高値を更新した。シカゴ日経225先物清算値は大阪比125円高の22975円と23000円に迫る動き。円相場は1ドル111円70銭台と円安に振れて推移している。

 シカゴ先物にサヤ寄せする格好から、寄り付き段階で23000円を意識した値動きとなりそうだ。米国ではアマゾンなどFANG銘柄が堅調となっており、指数インパクトの大きいハイテク株への支援材料になりそうだ。もっとも、出来高は膨らみづらい需給状況が続いており、海外勢の夏休み明けとなる来週以降までは積極的な売買は期待しづらいところではある。23000円処での強弱感が対立してくるようだと、次第に戻り待ちの売り圧力に押される可能性は十分にありそうだ。

 また、本日は大引けでTOPIXやJPX400のリバランス需給が発生する。売買代金が連日2兆円を下回る低水準の商いが続いていることもあり、リバランスの反応は大きく出てくる可能性がある。中小型株でインパクトの大きいとされる銘柄などには、個人主体の資金も向かいやすいだろう。その他、キャッシュレス、AI、クラウド、バイオといった関連銘柄への物色も引き続き意識されよう。その他、日経平均の戻り待ちの売り圧力よりも、何よりマザーズなど個人のセンチメントを表す中小型株に底堅さがみられてきた点は期待材料といったところである。
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below