August 30, 2018 / 11:36 PM / 3 months ago

トランプ発言による下落局面は押し目買いタイミング


*08:34JST トランプ発言による下落局面は押し目買いタイミング
 31日の日本株市場は、売り先行の展開となろうが、その後は底堅さが意識され、日経平均は引き続き23000円を意識した相場展開が見込まれる。30日の米国市場は、トランプ大統領が来週にも中国からの輸入品2000億ドルに対する関税引き上げを実施する意向が伝わり、貿易摩擦が一段と激しさを増すとの懸念から下げ幅を拡大し軟調推移となった。シカゴ日経225先物清算値は大阪比135円安の22735円。円相場は1ドル110円90銭台と円高に振れて推移している。

 この流れを受けて、日本株市場は売りが先行することになろう。ADR市場でも主要銘柄は総じて軟調推移となっており、日経平均を押し下げる格好になりそうだ。ただし、昨日の段階で米先物市場ではNYダウ先物は弱含みに推移していたほか、上海指数も下げに転じていたこともあり、想定内の動きといったところであろう。

 日経平均は相当23000円処での抵抗が意識されているが、足元ではリバウンド基調が継続しており、海外勢の夏休み明けとなる来週以降の需給変化も意識されやすい。実質9月相場入りではあるが、月末要因から積極的にポジションを取りに行く動きは限られようが、ショートカバーの流れから底堅さは意識されやすい。また、シカゴ日経225先物は高いところで23135円まで上昇する局面をみせていた。

 トランプ大統領が来週にも中国からの輸入品2000億ドルに対する関税引き上げを実施する意向が伝わり、貿易摩擦への警戒感が強まるものの、これまでもトランプ大統領の発言で下落する局面においては、結果的には押し目拾いのタイミングともなっている。昨日も日経平均は23000円に跳ね返されたものの、下を売り込むエネルギーもなく、全体としては底堅さが意識されていた。

 その中でマザーズなどの中小型株への物色が勢いをみせてきている。物色対象には広がりがみられていないが、需給状況の良好な銘柄やトレンドの強い銘柄などには短期筋の値幅取り狙いの資金が集中する動きもみられている。個人の需給整理が一巡しているようだと、全般こう着の中でもセンチメントを明るくさせることになろう。
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below