September 4, 2018 / 11:44 PM / 21 days ago

上値追いは慎重ながらも海外勢の需給が下支え


*08:37JST 上値追いは慎重ながらも海外勢の需給が下支え
 5日の日本株市場は、米株安の流れを受けて売り優勢の展開となろうが、売り一巡後は次第に底堅さが意識されそうだ。連休明け4日の米国市場は、カナダとの通商交渉再開を控えて、トランプ大統領のカナダに対する強硬姿勢が米国の業界団体や両党議員の反発を招いており、先行き不安から売りが先行した。NYダウは一時160ドル安程度下げる局面もみられたが、その後は下げ幅を縮めている。シカゴ日経225先物は一時22600円まで下げているが、清算値は大阪比60円安の22710円だった。円相場は1ドル111円40銭台で推移している。

 基本的には米国とカナダとの通商交渉の行方を見極めたいとする模様眺めムードが強く、全体としては調整基調になろう。トランプ米大統領は6日のパブリックコメント提出期限後に、2000億ドル規模の中国製品に対する追加関税を発動させる意向であり、これを見極めたいとする模様眺めムードも強まりやすい。ただ、指数インパクトの大きいファーストリテ9983が日経平均を下支えすることになりそうだ。同社が4日発表した2018年8月期の国内既存店売上高は前期比6.2%増だった。天候の恩恵を受けダウンコートや速乾性の衣料が好調で、客数や客単価も9年ぶりにプラスとなっている。

 また、米国市場は下落したものの、アップルに続いて、アマゾンの時価総額が一時的に1兆ドルを突破するなど、FANG銘柄への資金流入は継続。半導体大手AMDは11%超の上昇となっていることも、支援材料になるだろう。連休明けの海外勢の資金流入も需給面での下支えとなる可能性がある。日経平均は節目の23000円突破には材料が必要であり、上値追いは慎重ながらも海外勢の需給が下支えとなり、こう着ながらも下値の堅さが意識されるようだと、次第に中小型株にシフトする展開もありそうだ。

 昨日は売買代金が連日で2兆円を下回る薄商いの中、中小型株の強さが目立っていた。バイオ関連の上昇が目立っており、低位のバイオ株への波及もみられていた。資金の逃げ足は速いものの、調整が続いていた銘柄などには値ごろ感も働きやすく、個人の物色意欲の強さが窺える。
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below