September 6, 2018 / 11:43 PM / 16 days ago

一先ず外部環境に振らされ難い中小型株に資金が向かいやすい


*08:35JST 一先ず外部環境に振らされ難い中小型株に資金が向かいやすい
 7日の日本株市場は不安定な相場展開になりそうである。6日の米国市場では、NYダウは小幅に続伸となったものの、カナダとの北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉を見極めたいとの思惑や中国からの輸入品2000億ドルに対する関税引き上げへの警戒感が根強いほか、ハイテク株への売りも継続しており、ナスダックは大幅に続落。特に複数のアナリストがメモリー市場の業績悪化を予想し、マイクロン・テクノロジー、アドバンスト・マイクロ・デバイシズ(AMD)、アプライド・マテリアルズなど半導体関連株が軒並み下落している。シカゴ日経225先物清算値は大阪比75円安の22405円となり、安いところでは22360円まで下げ幅を広げる局面もみられている。円相場は1ドル110円60銭台と円高に振れて推移している。

 NAFTA再交渉の行方や中国からの輸入品2000億ドルに対する関税引き上げへの警戒から様子見ムードが強いなか、米半導体株の下落影響から指数インパクトの大きい値がさハイテク株等が日経平均の重石になりやすい。一方で、内需系は台風による関西国際空港の被害のほか、北海道で発生した震度6強の地震による物流寸断の影響から手掛けづらく、リバランスの売買もままならない状況であろう。リスク回避姿勢が強まりやすく、断続的なインデックス売りの影響が警戒されるところ。日銀のETF買い入れが需給面での下支えとして期待されるものの、売りを浴びせてくる動きも観測される中では、短期筋の売り仕掛け的な商いも出やすいだろう。

 そのため、こう言った需給に振らされ難い流れから中小型株にシフトしやすいところではあるが、マザーズ指数は辛うじて1000Ptをキープしている状況であり、再びこれを下回ってくるようだと、こちらも売り仕掛け的な動きが強まりやすいだろう。とは言え、週末要因から売りのポジションとはいえオーバーウィークは避けると考えられるため、売り込みづらい状況でもある。一先ず外部環境に振らされ難い銘柄などには資金が集中しやすく、ITやAI、IoT、ゲーム関連などの中小型株に資金が向かいやすいだろう。マザーズについては、まずは1000Ptで踏ん張りをみせて、個人のセンチメント回復につなげたいところである。
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below