September 10, 2018 / 11:32 PM / 10 days ago

国内政策期待が高まりやすいところ


*08:26JST 国内政策期待が高まりやすいところ
 11日の日本株市場は買い先行後はこう着感の強い相場展開になりそうだ。10日の米国市場は、米中貿易摩擦懸念が根強いほか、トランプ大統領がツイートで携帯端末のアップルに対して米国への生産移管を要求するなど上値の重い展開となったが、半導体大手AMDが9%を超える上昇となるなど、ハイテクの一角の強い動きが支援材料になりそうだ。シカゴ日経225先物清算値は大阪比90円高の22450円となり、高いところでは22500円を付けている。円相場は1ドル111円10銭台で推移している。

 日経平均は22500円が心理的な抵抗となろうが、週末に先物・オプション特別清算指数算出(メジャーSQ)が控えているため、22500円に接近する局面においては、ヘッジに伴う買いなども意識されやすいだろう。もっとも、米中貿易摩擦懸念が根強いほか、次のターゲットに日本が挙げられていることもあり、積極的に上値を買う流れにはなりづらいところではある。

 ただし、盛り上がりに欠けるとはいえ自民党総裁選がスタートし、国内政策期待が高まりやすいところでもある。また、昨日発表された4-6月期実質GDP2次速報が前期比年率+3.0%となり、1次速報の+1.9%から上方修正されたほか、台風・地震による被害の復旧が進んでいることもセンチメントを明るくさせるだろう。

 その他、メジャーSQを控えて日経平均は方向感が掴みづらいものの、一方で個人主体による中小型株物色が活発となったことについても、少なからずセンチメントを明るくさせる。本日はインデックス主導で主力処に資金が向かいやすいだろうが、目先的には日経平均のこう着を横目に、マザーズ指数の自律反発を想定した中小型株に値幅取り狙いの資金が向かいやすいとみておきたい。
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below