September 24, 2018 / 11:45 PM / a month ago

利食い先行も押し目買い意欲は強そう


*08:41JST 利食い先行も押し目買い意欲は強そう
 25日の日本株市場は直近の上昇に対する利益確定の流れが優勢になりそうだ。24日の米国市場は、米中両国がお互いの輸入品に対する関税引き上げを実施したほか、中国が米国との通商協議を中止するなど貿易摩擦悪化への警戒感から売りが先行し、NYダウは180ドル超の下落となった。シカゴ日経225先物清算値は大阪比50円安の23700円。円相場は1ドル112円70銭台で推移している。

 シカゴ先物にサヤ寄せする格好から利食い先行となろう。日経平均は直近2週間で1500円を超える上昇をみせていることもあり、24000円接近で一服感も意識されやすいところである。もっとも、茂木経済再生相はライトハイザー米通商代表部(USTR)代表と24日(日本時間25日朝)、米ニューヨークで第2回の貿易協議(FFR)を開くため、これを見極めたいとする模様眺めムードが強まりやすい。また、追加利上げの実施がコンセンサスとなる米連邦公開市場委員会(FOMC)の行方も見極めたいところであり、下値を売り込む流れにはならないだろう。

 一方で、政権安定が意識されるほか、来年10月には消費増税が予定されるなか、着実な実施に向けての大幅補正といった、経済テコ入れ策などへの期待感が高まりやすいところである。警戒されている個人主体の需給状況についても、連日でストップ安が続いていたそーせい4565が完全合致で寄り付いたほか、TATERU1435に対する海外勢の売りも一巡したことで、一先ずアク抜けが意識される。

 米国ではハイテク株には買い戻しの流れがみられており、これが支援材料になりそうだ。その他、9月中間期末の配当狙いの動きも意識される。明日の配当落ちに伴う再投資では、MSCI分を含めて5000億円から7000億円程度の需要も見込まれており、押し目買い意欲は強そうだ。
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below