September 26, 2018 / 12:02 AM / 3 months ago

NT修正の流れは継続、中小型株の見直しも意識


*08:58JST NT修正の流れは継続、中小型株の見直しも意識
 26日の日本株市場は、配当権利落ちを考慮しても底堅い相場展開が期待されそうだ。25日の米国市場では、原油相場の続伸を受けて買いが先行したものの、米中貿易摩擦への懸念や米連邦公開市場委員会(FOMC)発表を見極めたいとの思惑から、NYダウは下げに転じている。SOX指数が下落するなど半導体株の下げの影響も受ける格好となろうが、FOMCでは追加利上げの実施がコンセンサスとなる中、円相場は1ドル112円台後半での推移となり、足元の円安基調が下支えとなろう。シカゴ日経225先物清算値は大阪比70円高の23810円となり、160円程度とみられている配当権利落ち分ほどの下げにはならないだろう。

 また、過度な期待は禁物ではあるが、配当落ちに伴う再投資では、MSCI分を含めて5000億円から7000億円程度の先物への需要も見込まれている。昨日の段階で既に買いが入っているとみられるが、GPIFなど年金は月末までかけて買うところもあるようであり、心理的には下は売りにくくなるだろう。配当落ち分を考慮しても日経平均は5日線が支持線として意識される。また、直近で空けたマドが位置する23500円処が支持線となり、これを下回らなければ引き続きリバウンド基調の継続が意識されよう。

 その他、海外勢による買い戻しの流れは一巡したとの見方があるが、昨日の日経平均の0.29%の上昇に対してTOPIXは1.02%とNT修正の流れは継続。米国の先行きに対して慎重な見方が増える一方で、相対的に出遅れ感の強い日本株を見直す流れも意識される。また、個人主体の需給状況においても、マザーズは続伸で直近戻り高値水準を捉えてきており、テクニカル面では一目均衡表では雲上限を突破してきている。出遅れ感の強い中小型株への見直しについても、次第に強まることになりそうだ。
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below