September 26, 2018 / 11:56 PM / 3 months ago

米金融株の下げは過剰反応、金融や自動車、機械株に注目


*08:51JST 米金融株の下げは過剰反応、金融や自動車、機械株に注目
 27日の日本株市場は、米株安の流れを受けて売りが先行しようが、その後は底堅さが意識されることが期待される。26日の米国市場は、注目のFOMCでは大方の予想通り、政策金利が引き上げられた。貿易摩擦問題の長期化でも景気判断は変わらず、12月の利上げ可能性が高まった。しかし、金融政策については「緩和的」という表現が声明文から削除され、当局による利上げ方針が終了間近であるとの見方から長期金利が低下。金融セクターに売りが広がった。シカゴ日経225先物清算値は大阪比120円安の23880円。円相場は1ドル112円60銭台で推移している。

 「緩和的」という表現が声明文から削除されたことが米金融株の下げにつながったが、12月の利上げ、来年は3回の利上げが市場のコンセンサスとなっており、これを踏まえての「緩和的」という表現の削除とみられ、やや過剰な反応とみられる。そのため、金融セクターについては売り一巡後の買い戻しなども意識されやすいところであろう。また、FOMCのイベント通過といった流れも意識される。弱い値動きが続いている自動車株は、物品貿易協定(TAG)の締結に向けた交渉中は、自動車にかける追加関税は課されないと伝えられており、買い戻しが意識されてくる可能性がある。安倍政権に対する政策期待等も根強く、相対的に出遅れている日本株への見直しは続きそうである。

 その他、米中貿易摩擦への懸念が根強い中で、中国政府は26日の常務会議で、11月から関税を引き下げることを決めたと報じられている。対象は機械類、紡績品、紙製品など1585品目となり、工作機械など機械類は12.2%から8.8%に、紡績品や建材は11.5%から8.4%に、紙製品などは6.6%から5.4%にそれぞれ下がると伝えられている。そのため、工作機械などFA関連のほか、商社といった中国関連への見直しも強まる可能性がありそうだ。

 また、昨日のマザーズ指数は2%を超える上昇となった。そーせい4565のインパクトが大きいとみられるものの、需給懸念のピークは通過したと考えられ、中小型株への見直しも広がりをみせてくることになりそうだ。
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below