October 5, 2018 / 12:02 AM / 2 months ago

金融株や5G、IoT、AIといったテーマ株物色へ


*08:59JST 金融株や5G、IoT、AIといったテーマ株物色へ
 5日の日本株市場は、米株安の流れを受けて売り優勢の相場展開になりそうだ。4日の米国市場では、NYダウが200ドル超の下落となった。米長期金利が大幅に上昇し、10年債利回りは一時7年ぶりの高水準をつけたことが、利益確定を強める一因となったようである。FANGなどハイテク株は総じて軟調に推移しており、指数インパクトの大きい値がさハイテク株の下げが重石になりそうだ。シカゴ日経225先物清算値は大阪比165円安の23755円。円相場は1ドル113円90銭台と前日からは円高に振れて推移している。

 もっとも、日本株市場は海外株高を評価するものの日中は弱含みが続き、日経平均は直近2日間で300円弱の下げをみせている。前日には終値で24000円を下回っており、目先的には調整が意識されていたため、驚きはないだろう。25日線(23280円処)辺りまでの調整は想定されているため、売り一巡後は押し目拾いを意識した底堅さがみられそうだ。

 物色としては米長期金利上昇を背景にメガバンクや保険といった金融セクターに関心が集まりやすいだろう。また、米ハイテク株の下落や原油安、円安一服となる中、昨日物色されていたセクターは利食い優勢となる半面、利食いが目立っていたディフェンシブ系へのシフトといったリバランス中心になりそうだ。その他、トヨタ7203とソフトバンクG9984による新会社設立を受けて、5GやIoT、AIといったテーマ株への波及が意識される。

 また、昨日は中小型株も不甲斐ない動きをみせており、マザーズ指数は再び25日線までの調整をみせている。一目均衡表の雲上限での攻防をみせているが、雲は下降していることもあり、早い段階で雲から上放れる動きをみせておきたいところであろう。中小型株も一部の銘柄に資金が集中しているだけに、テーマ株など物色対象に広がりをみせられるかが注目される。
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below