October 10, 2018 / 11:30 PM / 2 months ago

イレギュラー的な価格形成をみせてくる展開には注意


*08:29JST イレギュラー的な価格形成をみせてくる展開には注意
 11日の日本株市場は、米国市場の急落を受けて、波乱含みの相場展開になろう。10日の米国市場ではNYダウが830ドル超の急落となった。米長期金利の上昇を嫌気し、売りが先行。ムニューシン財務長官が人民元の下落について中国政府による為替操作を調査する方針を示したことで、米中関係悪化への警戒感が広がった。シカゴ日経225先物清算値は大阪比730円安の22800円とあっさり23000円を下回ったほか、円相場は1ドル112円20銭台と円高に振れて推移している。

 シカゴ先物にサヤ寄せする格好から幅広い銘柄が売り先行で始まるが、これにより13週、26週線レベルまで一気に下げてくることになる。そのため、売り一巡後の底堅さを見極める相場展開になりそうだが、インデックスに絡んだ売買により、イレギュラー的な価格形成をみせてくる展開には注意しておきたいところである。

 決算が本格化する中で、今後のコンセンサスを図るうえで注目されていた安川電6506はコンセンサスを下回ったことも、手掛けづらくさせそうである。もっとも、一昨日の東証システム障害や昨日のソフトバンクG9984など、兆候はみられていた感はある。中小型株についてもテリロジー3356のストップ安によって個人の需給状況は大きく悪化しており、外部環境に振らされ難い中小型株についても、イレギュラー的な売りに押される可能性はある。

 一方で、一気に調整一巡感も意識されてくる。決算評価など個別では堅調な値動きをみせている銘柄も少なくない。超低位株での値幅取りは割り切りスタンスであろうが、決算を手掛かりとした個別対応のほか、好業績ながらも足元の地合い悪化で大きく売り込まれた銘柄などには、自律反発狙いの押し目拾いも意識されてこよう。
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below