October 22, 2018 / 12:01 AM / a month ago

日経平均はこう着も、中小型株に投資妙味


*08:58JST 日経平均はこう着も、中小型株に投資妙味
 22日の日本株市場は、こう着感の強い相場展開になりそうだ。19日の米国市場はNYダウは上昇したが、米長期金利の上昇を嫌気したハイテク株の下落に伴い、ナスダックが下落しており、指数インパクトの大きい値がさハイテク株への重石になりそうだ。シカゴ日経225先物清算値は大阪比80円安の22450円。円相場は1ドル112円50銭台で推移している。

 米中貿易戦争の終息が見通せない中、引き続き海外市場の動向に振らされやすい相場展開が続こう。先週末は中国・上海指数の上昇が日経平均の大引けにかけての下げ渋りにつながっており、本日も利食い一巡後は中国株の動向を睨みながらの展開といったところになりそうだ。日経平均は22500円を回復しているが、依然として直近安値水準での攻防が続いており、方向感を掴みづらくさせそうだ。

 今週は日本電産6594、花王4452、LINE3938、サイバー4751、信越化4063、日立6501などの決算発表が予定されている。主力処の決算に対してはインデックス売買の影響を受けやすいほか、機関投資家が動けないため、株価反応は期待しづらいが、個人主体の中小型株においては、トレンドが出やすいとみる。

 第1四半期で好決算が評価され、その後は地合いに押される格好から調整が続いている銘柄も少なくなく、第2四半期決算で改めて評価される可能性は十分にあるだろう。また、PERなどバリュエーション面での割安感は機能しておらず、成長期待の大きい高バリュエーションの中小型株に投資妙味があると考えられる。
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below