October 22, 2018 / 11:38 PM / a month ago

日経平均こう着のなか、決算を手掛かりとした個別物色に


*08:31JST 日経平均こう着のなか、決算を手掛かりとした個別物色に
 23日の日本株市場は、引き続きこう着感の強い相場展開となり、日経平均は22500円を挟んでのもみ合いになりそうだ。22日の米国市場は買い先行で始まったが、サウジアラビアを巡る地政学リスクへの警戒感からNYダウは下げに転じた。一方、AMDが5%を超える上昇となるなど、半導体関連の一角が買われており、支援材料になりそうだ。また、円相場は1ドル112円80銭台とやや円安に振れて推移していることも安心感につながる。シカゴ日経225先物清算値は大阪比155円安の22475円だった。

 昨日の東証1部の出来高は11億株台と低水準だったが、本日も売買は膨らみづらく、薄商いの中をインデックスに絡んだ売買に振らされやすい需給状況が続くことになりそうだ。日経平均はボトム圏での推移が続いており、下値の堅さは意識されてきているが、ボリュームを伴った上昇を見せてこれないと、本格的なリバウンドは期待しづらいところでもある。中国市場の動向も注目されやすい。

 決算発表シーズンとなる中、本日引け後に決算発表が予定されている日本電産6594の動向が注目される。安川電6506では意外感のある下方修正が失望につながったこともあり、日本電産の決算でセンチメントが明るくなるかが注目されるところでもある。日経平均はソフトバンクG9984など指数インパクトの大きい値がさ株の影響を受けやすく、方向感の掴みづらい状況が継続。

 物色は決算を手掛かりとした個別対応になりやすく、昨日決算を発表したADワークス3250の他、業績修正を発表したホットリンク3680、マネパG8732、両毛システムズ9691、アールビバン7523、CEHD4320、エスティック6161などに短期筋の値幅取り狙いの資金が向かいやすい。
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below