October 23, 2018 / 11:50 PM / a month ago

日本電産アク抜けでやや明るさ取り戻すか


*08:46JST 日本電産アク抜けでやや明るさ取り戻すか
 24日の日本株市場は、引き続き外部環境を睨みながらの相場展開が続こう。23日の米国市場は、世界経済の先行き不透明感が強まっていることなどから下落。キャタピラーの決算なども嫌気され、NYダウは一時500ドルを超える下落局面をみせている。その後引けにかけて下落幅を縮めており、125ドル安にとどまっている。一先ず下げ渋る動きをみせているほか、この流れからシカゴ日経225先物は一時21640円まで下げたが、清算値は大阪比255円高の22175円と戻しており、昨日の600円を超える下げに対する自律反発が意識されやすいところだろう。

 ただし、米国では来週にかけて主要企業の決算発表が続くほか、米中貿易摩擦やサウジアラビア問題を背景とした先行き不透明感は強く、売り方優位の需給状況には変わりがない。戻りの鈍さが意識される局面では新規のショートポジションも積み上がりやすく、先物主導のインデックス売買に振らされやすいだろう。日経平均は22000円割れでいったんは下げ渋る動きが意識されやすいが、22000円を挟んでの攻防といったところか。

 なお、注目されていた日本電産6594の決算だが、営業利益は前年同期比20.1%増の982億円だった。精密小型モータ製品の好調を背景に、四半期の営業利益としては過去最高を更新した。コンセンサス(988億円)には届かなかったが、順調な進捗ではある。既に安値を更新している状況の中で、アク抜けにつながるかが注目されるところである。

 その他、業績修正を発表している大正薬HD4581、OKI6703、寺岡製4987、松風7979などには、短期筋の資金が向かいやすいだろう。また、本日決算発表が予定されている花王4452、LINE3938、中外製薬4519へのアク抜けを意識した押し目狙いの動きも意識されてくるだろう。
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below