October 25, 2018 / 11:31 PM / 20 days ago

自律反発期待も気掛かりなのが個人の需給状況


*08:28JST 自律反発期待も気掛かりなのが個人の需給状況
 26日の日本株市場は、米国市場が急落の反動から買い戻しの動きを見せる中、自律反発の流れが先行しよう。25日のNYダウは400ドル超の上昇となった。世界経済減速や金利上昇への懸念を背景とした足元の下落は行き過ぎとの見方が広がったほか、ツイッターの決算が好材料視されている。シカゴ日経225先物清算値は大阪比295円高の21565円。円相場は1ドル112円30銭台で推移している。

 シカゴ先物にサヤ寄せする格好から、指数インパクトの大きい値がさ株を主導にギャップアップからのスタートとなろう。ただし、自律反発の域は脱せず、買い一巡後は引き続き不安定な相場展開が続くとの見方がコンセンサスである。日経平均は前日の急落で21700-21900円処にマドを空けており、マド下限接近では戻り待ちの売り圧力が意識されてくることになりそうだ。

 また、日米決算が本格化する中、米国ではツイッターが15%超の上昇をみせる半面、アライン・テクノロジーが20%超、AMDは15%を超える下落となるなど、日本の中小型株並みの値動きの荒さである。アルゴによる取引が増えていることもあり、決算等の材料を受けて過剰に反応しやすい面もあろう。米国の時間外ではアマゾン、アルファベット(グーグル)ともに決算内容が嫌気されるなど、FANG銘柄の弱さが目立つことも神経質にさせる。こういった動きの中では、押し目買いも入れづらい状況である。

 さらに、気掛かりなのが個人の需給状況である。昨日のマザーズ指数は6%を超える下落となり、ボトムを形成したとしても直ぐに反転に向かうには相当時間を要すると考えられる。空売り比率の上昇を背景とした買い戻しに期待する向きもあるが、戻り待ちの売り圧力が勝る。買い方不在の需給状況の中では企業の自社株買い等、企業自身による割安是正の動きが待たれるところである。
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below