October 29, 2018 / 12:02 AM / 21 days ago

ボトムを探る展開だが、いったんは落ち着きがみられやすい水準


*08:57JST ボトムを探る展開だが、いったんは落ち着きがみられやすい水準
 29日の日本株市場は、引き続き不安定な相場展開が続きそうである。26日の米国市場は、アマゾンやアルファベット(グーグル)の決算で成長減速が示されたことで、米企業業績への先行き懸念が強まり、ハイテク株を中心に下落する展開だった。ただし、アマゾンやアルファベットの決算については時間外で織り込まれている状況。7-9月期GDP速報値が堅調な内容となったことから、株式相場の下落に伴い米経済も失速するとの見方は行き過ぎとの見方もされていた。シカゴ日経225先物清算値は大阪比20円高の21250円。円相場は1ドル111円80銭台で推移している。

 引き続きボトムを探る展開となろうが、日経平均は足元で24000円までの上昇分を倍返しで下げてきており、いったんは落ち着きがみられやすい水準であろう。売り方の買い戻しも入りやすい水準でもある。とはいえ、足元の急落局面で需給状況は悪化しており、戻り待ちの売り圧力は相当強いと考えられる。決算が本格化する中で商いは膨らみづらく、インデックスに絡んだ売買に振らされやすい状況は続きそうである。また、トランプ大統領は27日、貿易問題で日本が市場を開放しない場合は日本車に20%の関税をかけると警告したと報じられている。貿易紛争が日本に波及する格好となり、自動車やハイテク株への物色を遠ざける一因になりそうだ。

 物色は決算を手掛かりとした個別対応なろう。先週末に発表したところでは、信越化4063、リコー7752、日光電6849、日新電6641、Vコマース2491、幸楽苑HD7554、東映アニメ4816辺りが注目される。また、今週は29日にはファナック6954、30日にはソニー6758、31日には村田製作所6981、11月1日にはキーエンス6861などが予定されている。決算を受けた乱高下が日経平均など指数への振れにもつながることが意識されそうだ。買い方不在の需給状況の中では企業の自社株買いや増配等、企業自身による割安是正の動きが待たれるところであり、主力企業の決算において、企業の姿勢も注目されることになる。
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below