October 29, 2018 / 11:51 PM / 23 days ago

波乱含みの下げ続くが、ボトムが接近している状況


*08:48JST 波乱含みの下げ続くが、ボトムが接近している状況
 30日の日本株市場は、米株安の流れを受けて下値不安の強い相場展開となろう。29日の米国市場は、NYダウが245ドル安となった。買い戻しが先行したものの、米中貿易摩擦への長期化及び世界経済への悪影響への懸念から下げに転じており、安いところでは500ドルを超える局面もみられた。シカゴ日経225先物清算値は大阪比70円安の21030円。円相場は1ドル112円30銭台で推移している。

 NYダウは振れの大きい状況が続いており、直近安値水準まで接近している。引き続きハイテク株の弱さが目立っており、手掛けづらい相場展開になりそうだ。ただし、欧州各国は軒並み上昇するなど自律反発をみせており、インデックスに絡んだ売買に振らされやすい一方で、イレギュラー的な価格形成になりやすく、日経平均の21000円割れの局面などでは押し目を拾う動きも意識されてこよう。

 また、決算発表が本格化する中で、昨日は信越化4063が終始堅調に推移するなど、好決算企業に対する物色意欲の強さがみられている。業績評価の流れがみられてくるようだと、次第に水準訂正の動きも意識されてくるだろう。昨日発表した決算では、コマツ6301が評価される一方で、ファナック6954が重石になりそうである。また、中小型株については、換金売り等の動きが一巡してくるのを、しばらく見極める必要がありそうだ。

 昨日の日経平均の下落率は0.16%と小幅だったが、マザーズ指数は4.06%、JASDAQは1.91%と中小型株の弱さが目立っており、信越化のプラスインパクトを中小型株の下げによって、センチメント悪化につながった状況である。ただ、中小型株についても連日で5%を超える下落がみられるなど、換金売りとはいえ波乱含みの下げの様相をみせている。じりじりと下げる相場展開よりは需給改善が一気に進みやすく、ボトムが接近している状況といえよう。
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below