October 30, 2018 / 11:44 PM / 16 days ago

ソニー決算評価も、次第に決算に対する警戒感も高まりやすく


*08:37JST ソニー決算評価も、次第に決算に対する警戒感も高まりやすく
 31日の日本株市場は、自律反発を意識した相場展開になりそうだ。30日の米国市場はNYダウが400ドルを超す上昇となった。トランプ大統領が中国との貿易協定締結への自信を示したことが買い戻しを誘ったほか、半導体のエヌビディアは、JPモルガンによる投資判断引き上げを受け上昇。マイクロン・テクノロジー、アプライド・マテリアルズなど半導体関連株も連れ高となったことが安心感にもつながった。シカゴ日経225先物清算値は大阪比145円高の21625円。円相場は1ドル113円台に乗せるなど円安に振れて推移している。

 まずはシカゴ先物にサヤ寄せする格好から買い先行の展開になりそうだ。また、決算が本格化する中、ソニー6758が好調な2Q業績と合わせて2019年3月期の業績予想を上方修正している。営業利益は18%増の8700億円と、従来予想(9%減の6700億円)から一転して増益となるなどコンセンサスを上回る内容が評価されよう。信越化4063に次いで昨日はコマツ6301がセンチメントを明るくさせたが、本日はソニーの動向がセンチメントを明るくさせそうだ。

 一方で昨日ザラ場に決算を発表した三井物8031は急伸後に値を消す格好となり、結局は安値圏で取引を終えていた。その他、任天堂7974も好決算ながらコンセンサスは下回っており、株価動向が気掛かりな面はある。好決算を評価しつつも次第に決算に対する警戒感も高まりやすくなるため、しばらくは短期的な値幅取り狙いの売買での対応となり、相場全体のボトムを探る展開になろう。

 その他、日経平均は直近で空けたマド(21700-21900円処)が抵抗にもなりやすく、マド下限レベルでのこう着が続くようだと、次第に戻り待ちの売り圧力が警戒されてくる可能性もある。22000円処をクリアしてくるまでは、底打ち感が高まることにはなりづらいだろう。また、昨日はTOPIXのリバランスによる影響も大きかったことから、イベント通過によって手掛かり難となる可能性も意識しておきたい。
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below