November 1, 2018 / 11:38 PM / 20 days ago

ハイテク株にはショートカバーの流れが優勢に


*08:34JST ハイテク株にはショートカバーの流れが優勢に
 2日の日本株市場は、米株高の流れを受けて買い先行となろうが、次第にこう着感が強まりそうである。1日の米国市場はトランプ大統領が米中協議の進展を示唆したことが材料視され、NYダウは連日で200ドルを超える上昇となった。また、AMDが10%超の上昇となるなど、半導体関連が相場をけん引していることもポジティブ視される。シカゴ日経225先物清算値は大阪比225円高の21765円。円相場は1ドル112円50銭台で推移している。

 シカゴ先物にサヤ寄せする格好から買いが先行することになろうが、時間外で決算を発表したアップルが弱含みに推移している。米雇用統計を控えており、発表後の利上げへの思惑等も気掛かりとなる中、日経平均は節目の22000円突破は厳しいだろう。そのため、5日線を支持線とする中で、前日の価格レンジ内での推移になりそうである。

 一方で、米半導体株の上昇は支援材料になるため、アップルの決算がアク抜けとの見方として判断が強まるようだと、本日もハイテク株にはショートカバーの流れが優勢になる可能性がある。米中緊張緩和に加えて、米中間選挙も大きな波乱は無いとの見方がされてきており、売り込まれていたハイテク株には買い戻しの流れが次第に強まりやすいとみておきたい。

 また、ザラ場に三菱商8058、伊藤忠8001、丸紅8002の決算が予定されている。コンセンサスを上回る内容となるようだと、中国関連への買い戻しも誘い込む流れになりやすいとみておきたい。その他、昨日の中小型株は前場半ば辺りからダレる格好だったが、短期の値幅取り狙いの資金が中心であり、いったん値動きが鈍ると、資金の逃げ足も速い。オプトエレクトロニクス6664、ネオス3627、ロコンド3558といった、強いトレンドが続いている銘柄での日替わり的な物色がしばらく続きそうである。
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below