November 4, 2018 / 11:37 PM / 15 days ago

日経平均は22000円処での底固めへ


*08:31JST 日経平均は22000円処での底固めへ
 5日の日本株市場は、先週末の米国株安の流れを受けて売り先行となろうが、日経平均は節目の22000円処での底堅さが意識されそうである。2日の米国市場はNYダウ、ナスダックともに下落。10月雇用統計が予想を上回ったことで利上げペースの拡大が意識されたほか、アップルの決算が嫌気された。ただし、双方とも想定されていたことであり、織り込み済の面はある。シカゴ先物にサヤ寄せする格好から利食い優勢となろうが、円相場は1ドル113円台と円安に振れて推移していることもあり、売り一巡後は底堅さが意識されそうだ。

 また、今週は6日に行われる米中間選挙が注目される。4年ごとの大統領選挙の中間の年に実施され、トランプ大統領の2年間の実績や、大統領を支える与党の評価を問う。予測は困難であるが、波乱の結果にはならないとみられている。一方で、トランプ大統領は中間選挙後に、中間層向けの10%の所得減税を表明、共和党下院執行部に法案化を要請。また、インフラ投資計画の実現にも本格的に取り組むと表明しており、イベント通過によるショート筋の巻き戻しの流れが意識され、これが日本株市場への押し上げ要因にもなるだろう。

 米中貿易摩擦については、先週、トランプ大統領が中国との貿易合意の草案作成を要請した。11月末にブエノスアイレスで開かれる主要20カ国・地域(G20)首脳会議で貿易について中国の習近平国家主席と合意に達したい考えであり、それまでは小康状態といった格好になりそうだ。

 その他、今週は引き続き多くの企業決算が予定されており、ソフトバンクG9984、トヨタ7203のほか、グレイステクノロジー6541、ソースネクスト4344、テリロジー3356など個人投資家に人気の高い企業などの決算発表も予定されており、決算結果がセンチメントに影響を与えそうである。投資信託の運用資産残高が10月に約6兆円目減りし、10年ぶりの減少幅を記録するなか、需給調整に一巡感がみられてくるかが注目される。
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below