November 11, 2018 / 11:24 PM / a month ago

個人主体の中小型株物色が中心


*08:17JST 個人主体の中小型株物色が中心
 12日の日本株市場は、米株安の流れを受けて、やや売り優勢の相場展開になりそうだ。先週末の米国市場ではNYダウが200ドル超の下落となった。中国経済の減速懸念のほか、10月生産者物価指数が予想を上振れインフレ上昇への警戒感が強まったこと、原油相場の下落も嫌気された。シカゴ日経225先物清算値は大阪比145円安の22125円。円相場は1ドル113円80銭台で推移している。

 また、先週末は決算発表のピークとなったが、相場全体に刺激となる決算はなく、個別の決算内容を手掛かりとした物色になりそうだ。とりわけ、中小型株の決算が続いていることもあり、日経平均がこう着の中で、個人主体の中小型株物色が中心になりそうだ。

 先週はマザーズ指数が一時1000Ptを回復してくるなど、個人主体の中小型株への先行的なリバウンドが引き続き意識されやすいところ。需給懸念がそれほど強くないであろうブロードバンドセキュリティ4398、プリントネット7805、チームスピリット4397、CRGホールディングス7041といった直近IPO銘柄には、値幅取り狙いの資金が向かいやすいとみておきたい。また、先週はサンバイオ4592の上昇がマザーズ指数をけん引する格好となったが、指数インパクトが大きくなる中で、今後もファンドの資金流入が継続しやすいだろう。

 その他、米中貿易摩擦の行方が重石とはなるものの、11月末にブエノスアイレスで開かれる主要20カ国・地域(G20)首脳会議にあわせて会談することを確認するなか、小康状態が続こう。中国では11月末までに共産党中央委員会全体会議、12月半ばに中央経済工作会議を開催するのが通例となることもあり、G20までには話がまとまる可能性が高そうである。
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below