November 20, 2018 / 11:37 PM / a month ago

不安定ななかで中小型株の一角に短期資金が向かうか


*08:31JST 不安定ななかで中小型株の一角に短期資金が向かうか
 21日の日本株市場は、米株安の流れを受けて不安定な相場展開になりそうだ。20日の米国市場でNYダウは一時600ドルを超える下落となり、直近安値を窺う展開となった。引き続きハイテク大手を中心に売りが先行。10月住宅着工件数が予想を下回ったほか、小売大手の冴えない決算を受けて終日軟調推移となった。シカゴ日経225先物清算値は大阪比320円安の21220円となり、これにサヤ寄せする格好からギャップダウンでのスタートとなる。円相場は1ドル112円70銭台での推移。

 アップルはゴールドマンサックスが、iPhone XRの価格設定を誤ったとの見方から目標株価を引き下げており、これが嫌気され4%を超える下落となった。アップルの下げ止まりがみられないなか、ハイテクセクターへの重石になろう。また、ディスカウントストアのターゲットなど小売企業の冴えない決算が、年末商戦への警戒感にもつながろう。原油相場の下落によって、エネルギーや素材関連も手掛けづらい。一方で、連日で大きく下げていたエヌビディアは反発をみせており、半導体関連の一角には下支えとして意識されそうだ。

 とはいえ、NYダウが直近安値を意識するなか、日経平均も不安定な値動きを余儀なくされるほか、感謝祭を控えて海外勢の商いが細っている需給状況の中、インデックスに絡んだ商いで大きく振らされやすいところである。値ごろ感からの買いも入りづらい中では、より様子見ムードにつながりやすいだろう。

 また、昨日のマザーズ指数は2.7%の下げとなったが、25日線レベルでの底堅さは意識されていた。時価総額上位のサンバイオ4592が利益確定の流れに押された影響もあるとみられる。ただし、材料性のある銘柄などは短期筋の値幅取り狙いの売買が活発化している。マザーズ指数は25日線を割り込んでのスタートとなろうが、依然として外部環境の不透明感は根強く、海外勢のフローも限られるなか、中小型株の一角に短期資金が向かいやすいと考えられる。
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below