November 21, 2018 / 11:59 PM / 22 days ago

閑散取引も米中首脳会談への期待や米年末商戦への思惑高まる


*08:53JST 閑散取引も米中首脳会談への期待や米年末商戦への思惑高まる
 22日の日本株市場は、買い先行で始まった後は、次第にこう着感の強い相場展開となろう。21日の米国市場では、感謝祭の祝日を控えて閑散取引の中、下落の目立ったハイテクセクターを中心に買い戻しの動きが先行。原油価格が反発したことも支援材料となった。シカゴ日経225先物清算値は大阪比130円高の21650円。円相場は1ドル113円台前半とやや円安に振れて推移するなか、この流れを受けて買い先行の展開となろう。

 ただし、米ハイテク株の上昇が目立ってはいるが、前日の上昇要因とされていたエヌビディアやAMDは2%を超える下落となるなど、高安まちまちの展開である。また、NYダウについても3ケタの上昇から結局は引けにかけて失速し下げに転じており、買い戻しの流れもそれ程強まりそうになさそうだ。なにより、米感謝祭を控えて海外勢のフローは限られていることもあり、薄商いの中をインデックス売買に振らされやすい需給状況である。

 昨日の日経平均は一時300円を超える下落局面もある中で下げ幅を縮めており、心理的な節目である21500円を回復していた。買い一巡後はこう着とみるものの、21500円を支持線とした底堅さが意識されてくるようだと、自律反発への機運が高まりやすいだろう。11月末にブエノスアイレスで開かれる主要20カ国・地域(G20)首脳会議にあわせて予定されている米中首脳会談への期待や米年末商戦への思惑等からの物色意欲も回復してきそうである。

 物色としては参加者が限られる中で、個人主体の短期的な値幅取り狙いの売買が中心となる。それ故に足元で底堅い動きをみせているマザーズ市場に資金が向かいやすいと考えられる。
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below