November 26, 2018 / 11:29 PM / 18 days ago

米年末商戦への期待も米中貿易摩擦が重石


*08:23JST 米年末商戦への期待も米中貿易摩擦が重石
 27日の日本株市場は、海外株高の流れを受けて買い先行の展開となろう。ただし、買い一巡後は次第にこう着感が強まりそうである。26日の米国市場は、NYダウが354ドル高と大きく反発した。欧州株がほぼ全面高となったほか、ブラックフライデーの販売好調など年末商戦への期待が高まった。また、原油相場の上昇も安心感につながっている。この流れを受けてシカゴ日経225先物清算値は大阪比215円高の22045円と、節目の22000円を回復しており、これにサヤ寄せする格好から買いが先行しよう。また、円相場は1ドル113円50銭台と円安に振れて推移していることも材料視されそうだ。

 日経平均は上値抵抗として意識されていた25日線を突破してくる可能性があり、短期筋のショートカバーを誘い込む可能性もありそうだ。一方で、今月末に予定される米中首脳会談を見極めたいとの模様眺めムードも強く、買い一巡後は次第にこう着感が強まりやすいところである。また、米政権は来年1月から、2000億ドル相当の中国製品に課す関税率を10%から25%に引き上げる計画と、米紙WSJが報じている。さらに、中国と貿易交渉で合意できない場合、中国からの輸入品すべてに追加関税を発動する考えを改めて主張。その場合、アップルが中国で組み立てる「iPhone」も対象になり得ると報じられており、時間外取引でアップルは下げに転じている。

 もっとも、米中首脳会談に向けての緊張は想定内でもある。需給面では企業の中間配当の支払いが本格化してくることから、再投資による買い需要が見込まれていることで、底堅さが意識されやすくなるだろう。さらに、米経済の減速懸念が警戒されている中で、相対的に日本株の割安感を指摘する声も聞かれてきている。また、金融株の下げが続いているが、三菱UFJ8306をみると、下落基調が続く中でも4営業日連続で陽線を形成している。海外勢などの押し目を拾う動き等も観測されるなか、売り込みづらくなりそうだ。
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below