November 28, 2018 / 11:52 PM / 10 months ago

主力大型株けん引も年末高を意識した中小型株物色も活発化


*08:46JST 主力大型株けん引も年末高を意識した中小型株物色も活発化
 29日の日本株市場は、米株高の流れを受けて堅調な展開が見込まれる。28日の米国市場ではNYダウが617ドル高、ナスダックが208Pt高と大幅に上昇した、米中首脳会談での貿易交渉進展に楽観的な見方が広がり、買いが先行。さらに、米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長が講演で話した内容から、市場は利上げの打ち止め時期が近いと解釈。景気減速への警戒感が後退し、ハイテク株を中心に買い戻しが優勢となった。この流れからシカゴ日経225先物清算値は大阪比165円高の22395円となり、これにサヤ寄せする格好からギャップアップからのスタートとなろう。

 米国では追加利上げ見通しが大きく後退したことからリスク選好の流れが強まり、下落基調が続いていたアップルも3.8%超の上昇となっており、半導体関連への追い風になりそうである。米中貿易摩擦への進展期待も高まっており、コマツ6301など中国関連への買い戻しを誘うことも考えられる。もっとも、米中首脳会談の行方を見極めたいとするムードは強く、ショートカバー中心で積極的な売買は手控えられるだろう。そのため、シカゴ先物にサヤ寄せした後は、次第にこう着感が強まりやすい。とはいえ、日経平均は25日線を突破し、その後も同線から上放れる動きをみせてきており、買い戻しを誘いやすいところである。また、中間配当の再投資といった需給要因も下支えとなっているとみられる。

 インデックス主体の主力大型株がけん引する格好となり、中小型株への物色はやや手控えられる可能性はある。しかし、日経平均の底堅さが意識されてくる局面においては、マザーズ指数の1000Pt回復が射程に入っていることもあり、年末高を意識した中小型株物色も次第に活発化してくることが考えられる。また、引き続きトランプ米大統領の発言等に振らされやすい状況が続くことになろうが、発言等に敏感に反応して新たなポジションを取る動きよりは、ポジションニュートラルの流れに向かいやすいと考えられる。大きく売り込まれているセクター銘柄などへは、買い戻しが意識されやすい。
《NH》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below