November 30, 2018 / 12:09 AM / 8 months ago

こう着の中で中小型株物色が中心に


*09:02JST こう着の中で中小型株物色が中心に
 30日の日本株市場は、こう着感の強い相場展開になりそうだ。29日の米国市場は、NYダウが27ドル安と小幅に反落した。一時100ドルを超す上昇の局面もみられたが、引けにかけて下げに転じる展開だった。注目のFOMC議事録では、大半の当局者が早期の利上げが妥当であるとの認識が示されたが、概ね予想通りの内容となり、公表後は切り返す展開。ただし、米中首脳会談での貿易交渉進展に懐疑的な見方が広がっていたことから、下げに転じている。もっとも、直近3営業日で1000ドル超上昇していたこともあり、一服は想定内であろう。反対に重要イベントを控える状況下で小幅な下げにとどまっている点には、底堅さが感じられるところであろう。

 こういった流れを引き継ぐ格好となり、日経平均もこう着感の強い相場展開といったところ。5営業日続伸をみせていることも、当然の一服との見方に向かわせそうだ。とはいえ、利食いが強まるというよりはショートカバーが入りやすいほか、中間配当の再投資といった需給面での下支えも意識されるため、底堅さが確認される可能性はあろう。出来高は13億株台と薄商いが続いており、指数インパクトの大きい値がさ株に振らされやすい需給状況ではあろうが、個別では活発な取引もみられそうである。

 昨日までの上昇で日経平均は200日線レベルを回復してきており、ここからは強弱感が対立しやすいところである。自律反発の域とはいえ、これまで5営業日続伸と上昇が続いていたことも、やや短期的な過熱感が警戒されやすい面もある。一方で、マザーズ指数は1.5%の上昇となり、節目の1000Ptを回復してきている。サンバイオ4592、ALBERT3906など一部の銘柄に資金が集中しているとはいえ、日経平均のこう着感が強まる中での活発な中小型株物色がみられた点では、センチメントを明るくさせることになろう。マザーズ指数が1000Ptをキープできないと利食いが強まる可能性があるが、全体としてはこう着感が強まりやすい需給状況の中で、個人主体による中小型株物色が中心になりそうだ。
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below