December 17, 2018 / 11:50 PM / 3 months ago

センチメント悪化、21000円処での底堅さを見極め


*08:45JST センチメント悪化、21000円処での底堅さを見極め
 18日の日本株市場は不安定な相場展開になろう。17日の米国市場では、NYダウが500ドル超の下落となった。世界経済減速への警戒感から売りが先行し、大引けにかけて下げ幅を拡大する展開となった。シカゴ日経225先物清算値は大阪比365円安の21085円となり、一時20910円と21000円を割り込む局面もみられており、これにサヤ寄せする格好からのギャップ・ダウンで始まろう。

 先週末のNYダウが500ドル近く下げた影響は限られていたが、連日での大幅下落、特に引けにかけて下げ幅を拡大させており、よりセンチメントを悪化させることになりそうだ。FOMCの結果を受けた米国市場の反応を見極めたいとする様子見ムードも強く、下落局面においても押し目買いの流れは限られそうである。

 もっとも、昨日の日経平均はインデックスに絡んだ商いから上昇しているが、東証1部の値下がり数は7割近くとなり、マザーズ指数は3%を超える下落となるなど、中小型株の弱さが目立っていた。先安観の強い相場展開の中で昨日の日経平均の上昇に対して楽観的に見る向きもなく、売り一巡後は比較的落ち着いた形で、21000円処での底堅さを見極める状況になりそうだ。

 また、月末に向けた税金対策等の換金売りの流れもあるとみられるが、クリスマス休暇から国内外の機関投資家の売買が細る中では個人主体の売買が期待されることもあり、まずはマザーズ指数の下げ止まりを見極めたいところである。また、19日のソフトバンク上場、その後の資金還流の動きを見極めるところである。もっとも、資金還流への期待がやや高まっているなかでは、過度な期待は禁物である。しばらくは、短期的な値幅取り狙いの商いが中心になろう。
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below