December 18, 2018 / 11:37 PM / a month ago

市場の関心はソフトバンクの上場に


*08:34JST 市場の関心はソフトバンクの上場に
 19日の日本株市場は、こう着感の強い相場展開になろう。18日の米国市場は、前日までの下げに対する自律反発となった、FOMC(連邦公開市場委員会)の結果発表を見極めたいとの思惑から上値も限られた。シカゴ日経225先物清算値は大阪比100円安の20970円と21000円を下回っており、引き続き21000円処での攻防となりそうである。円相場は1ドル112円50銭台と円高傾向にあることも手掛けづらくさせそうだ。

 FOMC待ちの中では積極的な売買は手控えられる他、なにより海外勢のフローが減少していることもあり、インデックス売買の影響から指数インパクトの大きい値がさ株の一角に振らされやすいだろう。ただ、21000円処での底堅さが意識されてくるようだと、リバランスが中心とはなろうが、売り込まれている銘柄には自律反発狙いの動きも出てきそうである。

 もっとも、市場の関心はソフトバンク9434の上場となる。足元では中小型株の下げがきつく、昨日のマザーズ指数は4%近い下落となっている。ソフトバンク上場後の資金還流への思惑等もあるが、ソフトバンクが公開価格を下回る状況ともなれば、センチメントは一層悪化することになりそうだ。

 また、マザーズ指数はマドを空けての下落となり、ほぼ安値圏で取引を終えている。前場半ばには中小型株にも値ごろ感からの買いが入る局面もみられたが、後場は再び下げ幅を拡大させており、打診買いの域は脱せない状況である。マザーズ指数の明確な底打ちがみられない状況の中、センチメントに影響を与えるソフトバンクの動向に、市場全体の期待が集まりそうだ。
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below