December 20, 2018 / 11:50 PM / a month ago

自律反発意識も日経平均の2万円割れがコンセンサスに


*08:48JST 自律反発意識も日経平均の2万円割れがコンセンサスに
 21日の日本株市場は、引き続き不安定な相場展開になろう。20日の米国市場はNYダウが460ドル超の下落となった。売り先行で始まると、トランプ大統領が19年2月までのつなぎ予算案に署名しない意向が伝わると、政府機関閉鎖への警戒感から下げ幅を拡大した。フェイスブックが小幅に上昇したものの、アップルやアマゾンなど主要ハイテク株に売りが継続している。シカゴ日経225先物清算値は大阪比135円高の20345円だった。円相場は1ドル111円30銭台で推移している。

 シカゴ先物が下げ渋りをみせているほか、日経平均は前日までの3営業日で1000円超の下落となったこともあり、いったんは自律反発も意識されやすいところではある。しかし、シカゴ先物は安いところで20020円まで下げる局面もみられており、下へのバイアスは強いだろう。クリスマス休暇から主要参加者は減っているものの、指値の薄い中を断続的に売られる状況が続いており、3連休を控えて押し目を拾う流れも限られよう。

 昨日の日経平均は年初来安値を更新し、昨年9月下旬以来の安値水準を付けた。パニック的な下げではなく、じりじりと下げ幅を拡大させる状況が続いており、なかなかセリングクライマックスといった見方も感じられない状況である。市場参加者の感覚としては日経平均の2万円割れがコンセンサスになりやすいだろう。

 また、マザーズ指数は5%を超える下落となり、10月30日安値にあと10Pt程度に迫ってきている。ダブルボトム形成となれば自律反発狙いの流れも期待されるところではあるが、ソフトバンク9434の公開価格割れで個人投資家の需給状況は一段と悪化していることもあり、中小型株ファンドの解約に伴う売りも観測されている。サンバイオ4592が一時10%を超える下落となるなど、これまで強い値動きをみせていた銘柄等の下げがきつく、リスク回避の流れが継続している。

 なお、年内受け渡しベースでは本日と25日の2日間となっており、この両日で換金売り等も強まりやすく、反対に売りのピークも一巡する可能性がある。先行き不透明感は強いものの、実質新年度相場入り後は、次第に中小型株への押し目拾いも意識されてきそうだ。まずはマザーズ指数のダブルボトム形成に期待したいところである。
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below