December 25, 2018 / 12:10 AM / 5 months ago

全面安商状の中、底堅い銘柄を見極め


*09:05JST 全面安商状の中、底堅い銘柄を見極め
 25日の日本株市場は、薄商いの中、波乱含みの相場展開になりそうだ。24日の米国市場では短縮取引で閑散となるなか、前週から政府機関の一部閉鎖が続いており、政権運営への先行き懸念から大幅下落となった。NYダウは21日、24日の2日間で1000ドルを超える下落となり、この流れからシカゴ日経225先物清算値は大阪比800円安の19250円に下げている。円相場は1ドル110円40銭台と円高に振れて推移しており、この流れを受けてギャップ・ダウンのスタートとなろう。クリスマス休暇から海外勢のフローは限られている中で、インデックスに絡んだ売買から大きく振らされる可能性がありそうだ。

 受け渡しベースでは年内最終が25日となり、26日から実質2019年相場入りとなる。25日の段階で換金売りの流れは終了するとみられ、その後は大きく売り込まれている成長銘柄への打診買いも入りやすくなる。連日でじりじりと下げる相場展開のため、セリングクライマックスといった流れにもなりづらいところではある。それ故に本日の急落で想定以上の下げに見舞われる局面から、結果的にはボトム形成に向かいやすい可能性もありそうだ。

 泥沼化する米中貿易摩擦や英国のブレグジット問題なども懸念される中で、市場参加者の先安観は相当強く、キャッシュポジションを高める動きが加速。しかし、当然株価形成もイレギュラー的になりやすく、成長性の大きい銘柄などへは長期的な観点からのポジション取りにスタンスが変わりやすいだろう。マザーズ銘柄等は需給悪化の影響を大きく受けているが、ここからは明確なボトム形成を見極めつつ、これまでの短期中心の売買から、物色姿勢に変化がみられよう。全面安商状の中、次第に底堅さが意識されてくる銘柄などには、資金が向かいやすいとみられる。
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below