December 25, 2018 / 11:37 PM / 3 months ago

中長期的な観点から高ROE銘柄の下値拾いを意識


*08:31JST 中長期的な観点から高ROE銘柄の下値拾いを意識
 26日の日本株市場は、前日の大幅下落の反動も意識されるものの、引き続き不安定な相場展開になろう。昨日の日経平均は1年8カ月ぶりの安値水準まで急落した。米政権運営への先行き懸念が高まっており、クリスマス休暇で市場参加者が限られる中ではあるが、それ故に指値が薄い状況だったことから大きく振らされる格好となった。

 中小型株についても下落基調が強まる展開となっており、個人の換金売りの流れも強まったとみられる。米政府機関の一部閉鎖が長期化するとの見方のほか、トランプ大統領は米株安の責任を取らせる形でムニューシン財務長官の解任検討なども報じられており、市場の不安心理を高める要因となっている。

 本日は米国や欧州といった主要市場はクリスマスで休場となった影響から、より海外勢のフローは限られているほか、外部のリスクについてはトランプ大統領のツイッター発言あたりになりそうであり、一先ず一服はつきそうである。日経平均は19000円前半まで下げていることもあり、若干ではあろうが、値ごろ感からの買いも意識されやすい。

 もっとも、ムニューシン財務長官の解任検討といった報道から市場はこれを織り込むものの、休場明けの米国市場次第ではさらに大きく振らされる可能性がある。薄商いの中をインデックスに絡んだ売買による自律反発が精一杯といったところか。

 なお、需給面では個人主導となるほか、受け渡しベースで実質2019年相場入りとなることもあり、中小型株の一角や成長期待の大きい銘柄には、長期スタンスでの買いも意識されよう。PERやPBRといった割安感では手掛けづらそうだが、中長期的な観点からは投資効率を測る指標であるROEが有効になりそうだ。株価下落に伴う比率低下からGPIFの買い入れも今後意識される中、高ROE銘柄の下値拾いを意識しておきたいところであろう。
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below