January 21, 2019 / 11:31 PM / 6 months ago

米国市場休場で手掛かり材料に欠ける


*08:28JST 米国市場休場で手掛かり材料に欠ける
 22日の日本株市場は、こう着感の強い相場展開になりそうだ。21日の米国市場はキング牧師生誕記念日のため休場だったこともあり、手掛かり材料に欠けるほか、海外勢のフローも限られるだろう。また、メイ首相は英議会で、欧州連合(EU)からの離脱をめぐり、一部の議員が求める国民投票の再実施や離脱日の延期に否定的な見解を示したが、相場への反応は限られていた。円相場は1ドル109円60銭台での推移と横ばいであり、こちらも手掛かり材料にかけそうだ。

 昨日は寄り付きこそ強いスタートとはなったが、日経平均の後場の値幅は連日で100円未満と狭いレンジでの取引となった。日経平均はそれでもプラス圏での推移と底堅さは意識されていたが、マザーズ指数は下げに転じるなど、参加者が限られる中で個人の資金回転の速さも窺えた。マザーズ指数は上昇する5日線は支持線として意識されており、連日の上昇に対する一服といったところであろうが、手掛けづらさにつながろう。材料性のある銘柄に資金が集中する動きも目立っており、長期目線の資金は限られている。

 また、日銀金融政策決定会合が22-23日に開かれる。政策面では現状維持がコンセンサスではあるが、市場の一部ではETF買入れ比率について、225型を引き下げ、TOPIX型を引き上げるのではないかとの見方がされており、こちらも様子見要因になりやすい。影響が警戒されているファーストリテ9983の動向に日経平均が振らされやすいところではある。

 そのため、昨日のところは利食いに押される格好とはなったが、引き続きマザーズ銘柄など中小型株の物色が意識されそうである。また、ソフトバンク9434に対する証券各社のカバレッジが相次いでおり、概ね強気のカバーとなっている。月末には指数組み入れによる需給要因があるため、短期筋の値幅取り狙いの動きも意識されやすいだろう。
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below