January 23, 2019 / 11:56 PM / 6 months ago

こう着の中で中小型株にシフト


*08:53JST こう着の中で中小型株にシフト
 24日の日本株市場は、米株高が材料視されるも、こう着感の強い相場展開になりそうだ。23日のNYダウは171ドル高となった。主要企業の好決算が相次いでいることが好感されているが、世界経済の成長減速への懸念が根強いほか、29日に予定されている大統領による一般教書演説の中止(延期)を民主党が求めるなど、連邦政府機関の閉鎖で対立が続いていることが重石となっている。シカゴ日経225先物清算値は大阪比15円安の20545円となり、節目の20500円を挟んでのこう着といったところであろう。円相場は1ドル109円50銭台で推移している。

 米国ではIBMがアナリスト予想を上回る決算を発表したほか、ユナイテッド・テクノロジーズ、プロクター&ギャンブル、コムキャストなどの好決算が相次いでいる。日本も来週から決算発表が本格化することになろうが、業績修正や観測など出やすいタイミングとなることもあり、業績を手掛かりとした個別対応になりそうである。

 昨日は市場の関心が日銀会合に集まる中、結果は「変更なし」であった。ETF買い入れの配分比率変更への警戒が強まっていたファーストリテ9983にはショートカバーが向かう格好となり、反対に中小型株への売りが意識され、日経平均に対してTOPIXの下落率が上回っていた。また、需給変動が警戒されるなかでこれを避ける動きから、マザーズ銘柄の一角に資金が集中しており、マザーズ指数は3日ぶりに反発となった。

 日銀会合が通過したことからETFに絡んだ思惑的なイベントも通過し、改めて米中通商協議などの外部要因を睨みつつ、来週から本格化する決算等の個別材料を手掛かりとした物色に向かうことになりそうだ。米中通商協議への不透明感が強まる局面においては、より個別対応になりやすく、且つ、マザーズなどの中小型株にシフトしやすいだろう。
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below