February 4, 2019 / 12:00 AM / 2 months ago

ソニーの動向がセンチメントに影響を与える可能性


*08:58JST ソニーの動向がセンチメントに影響を与える可能性
 4日の日本株市場は、上値は抑えられるものの、底堅さが意識される相場展開になりそうだ。1日の米国市場は、1月雇用統計で非農業雇用者数が前月比30.4万人増と大きく予想を上振れ、NYダウは64ドル高となった。一方で、アマゾンが発表した決算で、1-3月期の売上高見通しが予想を下振れ、ハイテク株の重石になっている。シカゴ日経225先物清算値は大阪比75円高の20795円。円相場は1ドル109円50銭台で推移している。

 また、1月31日まで米ワシントンで開かれた米中の高官級通商協議で、中国は大豆の購入を増やすと米国側に提案。トランプ大統領は「米中貿易戦争は近く合意に達する。プロセスは順調だ」と明らかにしたことも伝えられており、安心感につながりそうである。とは言え3月の期限までには楽観視はできないところであろう。その他、トランプ大統領は5日に一般教書演説を行う予定である。メキシコの壁建設の重要性を改めて訴える見通しであり、市場の反応を見極めたいところでもある。

 物色としては本格化している決算を手掛かりとした個別対応になる。今週も1200を超える企業の決算が予定されており、決算内容を手掛かりとした日替わり物色が中心になりやすい。米国ではアップルが決算後にアク抜けの動きをみせているほか、国内でも警戒が強まっていたハイテク株の決算に対する安心感もみられている。日替わり物色とはいえ、ハイテク株への見直しが継続するようだと、センチメントを明るくさせることになろう。

 ただし、週末に発表したソニー6758は、3Q営業利益はコンセンサスを上回っているが、10-12月としてはコンセンサスを下回ったほか、今期売上高は一転して減収を見込んでおり、半導体分野などでの下振れが警戒される。ソニーの動向がセンチメントに影響を与える可能性はありそうだ。

 また、個人の需給を悪化させたサンバイオ4592の急落についても、一気に需給改善に向かう可能性はないとはいえ、マザーズ指数に対する比率低下によって今後は反応が限られてくる。そのため、指数の落ち着きとともに、今回下げが波及した他の中小型株などは、決算を経て改めて見直しの流れが強まる可能性はあるだろう。
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below