February 7, 2019 / 11:28 PM / 2 months ago

想定内の調整、売り一巡後は底堅さが意識される


*08:23JST 想定内の調整、売り一巡後は底堅さが意識される
 8日の日本株市場は売り先行後は、日経平均の20500円処での底堅さが意識されそうだ。7日の米国市場では、NYダウが220ドル安となった。欧州委員会がユーロ圏成長見通しを下方修正したことや、クドロー国家経済会議議長が米中交渉の合意まで「距離がある」との見方を示すなど、米中交渉の先行き不透明感から売り優勢の展開。半導体・半導体製造装置が弱い動きをみせており、上値の重石になりそうだ。シカゴ日経225先物清算値は大阪比180円安の20540円。円相場は1ドル109円80銭台で推移している。

 シカゴ先物にサヤ寄せする格好から売り先行の展開となろうが、昨日はソフトバンクG9984に資金が集中する一方で、7割を超える銘柄が値を下げる中、じりじりと下げ幅を広げる格好であった。ソフトバンクGがストップ高で日経平均を約167円下支えしたインパクトがなければ日経平均は300円程度下げていたことになるため、このインパクトが剥がれることを考慮すれば本日の下げは想定内だろう。

 また、本日はオプションSQとなるが、20500-21000円のレンジ内が居心地の良いレンジだったこともあり、SQ値が心理的な抵抗となるよりは、20500円処での着地となることによって、サポートと意識されやすくなると考えられる。そのため、売り先行後は次第に底堅さが意識されてくるとみておきたい。

 また、昨日の中小型株ではサンバイオ4592がストップ高となり、個人主体の資金の多くが同社株に集中した格好であろう。そのため、決算が評価された一部の銘柄を除くと、多くの銘柄が利食いに押される格好となっている。流入する資金が限られている需給状況の中では、一部の銘柄に値幅取り狙いの資金が集中しやすいところである。
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below