February 19, 2019 / 11:48 PM / 6 months ago

日経平均は21300円を挟んでの狭いレンジ取引が続く


*08:40JST 日経平均は21300円を挟んでの狭いレンジ取引が続く
 20日の日本株市場は、こう着感の強い相場展開が続きそうである。祝日明けの米国市場は、NYダウは8ドル高と小幅に上昇した。米中通商協議の再開を材料視する一方で、米商務省が自動車・自動車部品の輸入制限に関する報告書をトランプ大統領に提出したほか、メキシコ国境の壁建設費確保を狙った国家非常事態宣言を巡り、複数の州が提訴していることが手控え要因になったようである。シカゴ日経225先物清算値は大阪比25円高の21325円。円相場は1ドル110円50銭台で推移している。

 一先ず米国市場が小幅ながらも上昇した流れもあり、やや買い先行の展開になりそうである。米国同様、米中通商協議の再開を背景に下を売り込む流れにはなりづらく、底堅さは意識されるだろう。原油先物相場の上昇等も資源株への手掛かり材料になる。昨日の黒田日銀総裁の発言では「物価安定目標の実現に必要なら追加緩和を検討する」、「追加緩和は、効果とともに金融仲介・市場機能も考慮する必要」などと述べていることも下支え要因となる。

 一方で、自動車関税や輸入制限措置への懸念が重しになりやすく、積極的な売買は手控えられやすい。ホンダ7267の英工場閉鎖方針についても、引き続き欧州情勢への警戒を強めることになるだろう。そのため、日経平均は21300円を挟んでの狭いレンジ取引が続くことになりそうである。

 物色としては薄商いの中では、引き続き先物主導によるインデックス売買に振らされやすい需給状況であろう。指数インパクトの大きいソフトバンクG9984やファーストリテ9983の動き等を睨みながらの展開といったところだろう。その他、中小型株についても底堅い動きをみせてきており、資金回転は速いものの、短期筋の値幅取り狙いの資金が集中しやすいと考えられる。
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below