March 11, 2019 / 12:03 AM / 10 days ago

21000円を固める動き


*08:58JST 21000円を固める動き
 11日の日本株市場は、前週末の大幅な下げに対する自律反発が意識されるが、方向感の掴みづらい展開になりそうだ。注目された2月の米雇用統計は、非農業雇用者数が前月比2万人増と予想を大きく下振れた。8日の米国市場はNYダウが22ドル安と小幅な下げであり、シカゴ日経225先物清算値は大阪比135円高の20905円だった。この流れから、朝方は自律反発の流れが期待されるところであろう。

 しかし、中国の2月貿易統計で輸出入が大きく落ち込み、世界経済減速への懸念が一段と強まっており、自律反発の域は脱せないだろう。為替市場ではドル円が1ドル111円05銭辺りで推移しており、やや円高傾向にあることも手掛けづらくさせそうである。その他、米国家経済会議(NEC)のクドロー委員長は、「米中首脳会談は今月下旬か来月上旬になるかもしれない」と話し、4月にずれ込む可能性としている。そのため、米中交渉への期待感もやや後退することになりそうだ。

 日経平均は先週末に一時21000円を下回る局面をみせており、一先ず心理的なボトム形成が意識されるところ。しかし、シカゴ先物にサヤ寄せする格好から21000円を固める動きとなるが、配当落ち分(約170円程度)を考慮しても3月SQ値(21348.40円)には届かないため、目先的にはSQ値が心理的な上値抵抗となりそうだ。

 また、期末接近から機関投資家の積極的な売買は手控えられると考えられ、引き続き薄商いの中を短期筋の先物売買に振らされやすい需給状況となる。そのため、期末対策等を意識したファンド勢の買い戻しを意識した需給妙味のある銘柄に資金が向かいやすい。

 個人主体の売買としては短期資金が中心ではあるが、防衛関連のほかNTTドコモ9437が開催した企業向けの5Gイベントを受けた5G関連への物色が意識されよう。また、日経平均の構成銘柄について、整理銘柄に指定されたパイオニアを除外し、オムロン6645を補充した。オムロンにはパッシブ連動資金の流入を想定した先回りの資金が向かう一方で、同様に候補であった村田製作所6981、ルネサス6723、シャープ6753には売りが向かいそうである。
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below