March 26, 2019 / 11:34 PM / 5 months ago

実質新年度相場入りを意識した資金流入への期待も


*08:26JST 実質新年度相場入りを意識した資金流入への期待も
 27日の日本株市場は、配当落ちの影響から反落してのスタートとなるが、海外株高のほか、日銀のETF買い入れへの思惑により、底堅い相場展開になりそうだ。26日の米国市場は、NYダウが140ドル高となった。長期金利の低下が一服し、景気後退懸念が和らいだほか、原油相場の上昇が材料視された。シカゴ日経225先物清算値は大阪比120円高の21270円。円相場は1ドル110円50銭台と、やや円安に振れて推移している。

 配当落ちによる影響であるが、日経平均で175円程度、TOPIXで17Ptほどとみられており、そのためシカゴ先物水準からのスタートとなろう。その後はこう着感が強まる展開となりそうだが、配当落ちの影響にかかわらず、下落局面において日銀のETF買い入れが下支えとして意識されることになりそうだ。

 米中交渉やEU離脱を巡る英議会の動向を注視したいとの思惑から積極的な商いは限られそうだが、景気後退懸念が和らいでいることもあり、一昨日の大幅下落に対するショートカバーも、相場の下支えとして意識されることになりそうだ。また、配当落ち分の即日吸収を想定する向きは限られているとみられているため、予想以上の底堅さがみられるようだと、実質新年度相場入りを意識した資金流入が期待されてきそうだ。

 また、テクニカル面では一昨日の大幅下落でシグナルが悪化傾向にあったが、昨日の上昇でこれを回避している。本日の配当落ち分を考慮しても、底堅さが意識されることから、下へのバイアスは強まり難いだろう。市場は大型連休を前に4月下旬にかけてポジション圧縮の動きと考えられるものの、それまでは短期筋の値幅取り狙いの資金が集中しやすいとみておきたい。
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below