May 10, 2019 / 5:42 AM / 15 days ago

短期物色で米中協議の行方を待つ


*14:37JST 短期物色で米中協議の行方を待つ
 10日の日本株市場は、引き続き不安定な相場展開が続きそうである。9日の米国市場では、貿易摩擦を巡る米中両国の対立懸念からアジア・欧州株がほぼ全面安となった流れから、NYダウは138ドル安となった。米中高官協議を前に、習近平国家主席がトランプ大統領に書簡を送ったことが明らかとなり、下げ幅を縮小するものの、結果を見極めるまでは手掛けづらいところである。シカゴ日経225先物清算値は大阪比55円安の21325円となり、安いところでは21065円まで下げる局面もあった。円相場は1ドル109円70銭台と円高に振れて推移している。

 米中閣僚級協議に関する報道に振らされやすい状況となっており、昨日の日経平均は終値ベースでは3月29日以来の21500円を割り込んでいる。これにより、テクニカル面では2月半ば以降、支持線として機能している75日線まで調整したほか、一目均衡表では雲上限レベルまで調整しており、いったんは調整一巡感も意識されるところである。米中閣僚級協議の行方を見極めたいほか、決算ピークとなる中でリバウンド狙いの買いは入りづらいものの、売り方にとっても積極的には売り込みづらい水準であろう。もっとも、シカゴ安値水準は一目均衡表の雲下限レベルであり、この辺りまでの調整も警戒しておきたいところではある。

 また、米中閣僚級協議については、両国がぎりぎりのところで合意する可能性は低いとの見方がコンセンサスであろう。また、対中関税引き上げの確率は80%との見方もされている。一方で、習近平国家主席がトランプ大統領に書簡を送ったことが明らかとなっているほか、実際に適用されるのは大半が数週間後になるとの報道もあり、結果的には当初の予定通り、5月末の合意に向けた動きも意識されやすいところである。

 積極的な参加者は限られると考えられるが、昨日はソフトバンク9434が終日プラス圏で推移するなど、決算や材料の出ている銘柄への物色意欲は強気だろう。本日はソフトバンクG9984の動向に関心が集まりそうだが、決算は中立としても株式分割を手掛かりとした物色が意識されやすいところである。その他、個人のセンチメントも悪化しつつあろうが、個別では好決算や好需給銘柄への物色が継続しているため、短期的な値幅取り狙いの売買は続こう。

(8時40分作成)
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below