May 30, 2019 / 11:42 PM / 3 months ago

リターン・リバーサル中心の状況が継続


*08:36JST リターン・リバーサル中心の状況が継続
 31日の日本株市場は、引き続きこう着感の強い相場展開になりそうだ。30日の米国市場はNYダウが43ドル高と小幅に上昇した。ただ、買い戻しが先行したが、その後中国政府が貿易摩擦の高まりを背景に米国産大豆の購入を保留したことから、投資家心理が悪化。原油相場の下落なども嫌気され、引けにかけて弱含みとなっている。シカゴ日経225先物清算値は大阪比15円高の20945円。円相場は1ドル109円60銭台で推移している。

 昨日の日経平均はリターン・リバーサル中心の商いとなる中、ファーストリテ9983が重石となり、ほぼ2か月ぶりに終値ベースでは節目の21000円を下回った。5月半ばに付けた20750円処の安値は下回っていないほか、結果的には日中高値引けであり、不安感が強まることはなかったが、心理的には21000円が上値抵抗として意識されてくる可能性はありそうだ。一方で足元の底堅さのほか、月末ドレッシング意識から下値は堅い。

 週末要因もあって積極的な売買は皆無であり、リターン・リバーサル中心の状況が続こう。外部環境の不透明感から引き続き積極的な物色は手控えられると考えられ、米中貿易摩擦の行方についても、少なくとも6月下旬に開催予定の主要20カ国・地域(G20)首脳会議で米中首脳会談を予定していることから、それまでは大きな進展もないだろう。方向感が掴みづらい中でポジションを傾けづらく、下へも仕掛けづらい需給状況である。

 そのため、大型連休明け後から売り込まれているハイテクセクターなどへは、先行き不透明ながらも、いったんは買い戻しを意識した短期的な値幅取り狙いの売買が意識されやすい。一方でリスク回避姿勢から買われていた内需ディフェンシブ銘柄へは利益確定といったところである。

 また、個人は直近IPOや値動きの軽い材料株物色などに資金が向かいやすいだろう。昨日は中国が米国への対抗措置としてレアアースの輸出制限を検討していることを受けて、レアアース関連が物色されていた。米中関係が泥沼化する中、こういった関連銘柄はしばらく材料視されそうである。
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below