July 4, 2019 / 11:43 PM / 12 days ago

個人主体の材料株物色が中心


*08:34JST 個人主体の材料株物色が中心
 5日の日本株市場は、海外フローが限られる中、こう着感の強い相場展開が続きそうである。4日の米国市場は独立記念日の祝日で休場だったため、海外勢の資金流入は期待しづらく、薄商いの相場展開となる。もっとも、海外勢の売り圧力がなくなるとの見方もあり、引き続き底堅さは意識されやすいとみられる。昨日の東証1部の出来高は8億株台、売買代金は1.4兆円にとどまっていたが、米雇用統計を控えていることもあり、米利下げへの思惑から、より様子見ムードが強そうである。また、来週のETFの決算における分配金拠出のための現物株売りが警戒されていることも手掛けづらくさせているだろう。

 一方で、ETFの分配金拠出のための現物株売りが一巡した後は、需給が改善するとの見方もあり、押し目拾いを意識した動きも出てくるだろう。日経平均は週初に急騰した後は、こう着感の強い相場展開が続いているが、底堅さは意識されている。5月の大型連休明け後にあけたマドを完全に埋め切れてはいないが、需給改善後の突破も期待されるところ。

 米中協議再開のほか、ファーウェイについては影響が限られるとはいえ、規制緩和の動きにより、新規でのショートポジションは積み上がりづらいところではある。足元で小売企業の決算が続いているが、ポジティブな決算に対しては評価した動きがみられており、物色意欲の強さは窺えるとみられる。

 来週は小売企業の決算がピークとなるほか、センチメントに影響を与える安川電6506の決算も予定されている。これを睨みながらの展開といった警戒感もあるが、目先的にはリバウンドを意識したスタンスといったところであろう。物色としては国内外の機関投資家が動きづらい中、個人主体の材料株物色が中心になりやすい。

 昨日は5G関連としてタツタ電線5809が賑わっていたが、次世代のワイヤレスネットワークを支えるには、膨大な量のワイヤーが必要となると米紙WSJが報じている。通信株のほか、電線株への物色に広がりがみられる可能性がある。その他、ソフトバンクG9984の孫社長は、韓国の文在寅大統領と会談し、人工知能(AI)分野に積極的に投資するべきだと強調したと報じられている。ソフトバンクG、ソフトバンク9434の動向も注目される。
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below