July 17, 2019 / 11:27 PM / 4 months ago

短期的な割り切りスタンス


*08:20JST 短期的な割り切りスタンス
 18日の日本株市場は、不安定な相場展開になりそうだ。17日の米国市場ではNYダウは115ドル安となった。トランプ大統領が追加関税を示唆したことで中国が反発、米中貿易摩擦を巡る先行き懸念が強まっている。また、住宅着工・建設許可件数が予想を下振れたことも嫌気されている。一方で、地区連銀経済報告(ベージュブック)では、前回同様に米経済が緩やかに拡大したことが指摘された。シカゴ日経225先物清算値は大阪比90円安の21330円となり、一時21300円を下回る局面もみられた。円相場は1ドル107円90銭台と円高に振れて推移している。

 昨日の日経平均は終値では25日線や75日線を上回っており、一先ず支持線として意識された格好であった。ただし、シカゴ先物にサヤ寄せする格好から売り先行の展開が意識される中、ややギャップダウンからのスタートで支持線を割り込む可能性がありそうだ。外部環境の不透明要因等から、売買代金は11営業日連続で2兆円を下回る状況が続いており、自律反発も期待しづらい需給状況であろう。

 また、米国では取引終了後にネットフリックスが発表した4-6月期決算は、一株利益は予想を上振れたものの、売上高は下振れた。時間外では弱含みに推移していることもあり、米決算を見極めたいとする模様眺めムードも強まりやすいところではある。

 とは言え、ポジションがロングに傾いているとは考えづらく、下にも大きくトレンドは出難いところである。薄商いの中をファンド等によるシステムトレード的な商いが中心とみられており、方向感は掴みづらいところだろう。また、決算を手掛かりとした個別での物色が目立っているが、買い一巡後には急速に値を消すなど資金の逃げ足も速く、短期筋の値幅取り狙いの売買も手掛けづらさが窺える。短期的な割り切りスタンスになりそうだ。
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below