July 30, 2019 / 11:59 PM / 4 months ago

模様眺めムードの中、ソニーなどに関心集まる


*08:54JST 模様眺めムードの中、ソニーなどに関心集まる
 31日の日本株市場は、こう着感の強い相場展開が続こう。日経平均は直近もち合いレンジでの推移になりそうだ。30日の米国市場は、米中協議の行方やFOMCの結果を見極めたいとする模様眺めムードの中で、小幅な下落となっている。また、米中協議が再開されたものの、トランプ大統領が中国を批判するツイートを行い、先行き懸念から上値の重い展開となっている。シカゴ日経225先物清算値は大阪比175円安の21485円と節目の21500円を下回っている。円相場は1ドル108円60銭台で推移。

 米中通商協議再開となったが進展は期待薄であるほか、FOMCでは0.25%の利下げがコンセンサスとなるなか、波乱の展開にはならないだろうが、模様眺めムードが強まりやすいだろう。出来高が膨らみづらい現在の需給状況の中では薄商いの中を先物主導のインデックス売買に振らされやすい状況である。

 また、決算発表が本格化しており、決算反応に一喜一憂する状況であろう。昨日決算を発表したところでは、ソニー6758がコンセンサスを上回る内容であり、本日の相場のけん引役といった位置づけになりやすい。その他、アンリツ6754もコンセンサスを上回っている。また、個人主体において決算材料で動意が期待されるのは、M&A2127、ZOZO3092、電算システム3630辺りが注目される。一方で任天堂7974はコンセンサスを下回っており、売りが先行しそうである。

 もっとも、アク抜けを期待される動きもみられていることもあり、買い戻しなどを見極める必要があるだろう。ややサプライズ感のあったファナック6954は一時2万円の大台を回復していた。ただし、直近の調整部分を吸収する格好であり、短期筋のショートカバーが中心ともみられる。本日以降、節目の2万円を上放れる値動きを見せてこれるかが注目されるところである。

 決算を手掛かりとした日替わり物色になりやすく、米中通商協議のほか、利下げが予想されるFOMCを見極めたい中で、個別企業の決算を手掛かりとした値幅取り狙いが中心になりそうだ。
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below