August 2, 2019 / 12:01 AM / 21 days ago

米中貿易摩擦再燃への懸念が再燃


*08:55JST 米中貿易摩擦再燃への懸念が再燃
 2日の日本株市場は、やや波乱含みの相場展開になりそうだ。1日の米国市場ではNYダウが280ドル安と大幅に続落となった。前日のFOMCでのパウエルFRB議長の発言を受けた売りが一服するも、トランプ米大統領が9月1日から3000億ドル分の中国製品に10%の追加関税を課す考えを明らかにしたことで、米中貿易摩擦再燃への懸念が再燃した。この流れからシカゴ日経225先物清算値は大阪比465円安の21035円と急落。円相場は1ドル107円20銭台と大きく円高に振れて推移している。

 シカゴ先物にサヤ寄せする格好からギャップダウンからのスタートとなり、日経平均は支持線として意識されていた25日線レベルを明確に下放れる格好となろう。薄商いの需給状況の中でもあり、より先物主導のインデックス売買によるインパクトが膨らむだろう。これにより7月18日の大幅下落の価格水準が意識されてくることになり、まずはダブルボトム形成をみせられるかを見極めたいところであろう。前回は一目均衡表の雲下限レベルからのリバウンドとなったが、現在の雲下限は21050円近辺に位置しているため、見極め処である。

 決算ラッシュの中であり、ポジションが大きく傾いている状況ではないため、市場は冷静であろうが、決算を手掛かりとした物色に対しても、慎重姿勢になりそうである。また、ギャップダウンからのスタートにより、VIX先物に対するショートポジションの積み上がりに伴う需給波乱も警戒されやすくなり、短期筋の売り仕掛け的な売買も出やすくなりそうだ。

 また、米雇用統計などの経済指標の発表も控えており、週末の米国市場がさらに弱含みとなるようだと、より様子見姿勢につながりやすい。主力処の決算は一巡したが、来週も1500社程度の決算が控えていることもあり、手掛けづらい相場環境が続こう。
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below